レーザー脱毛とニードル脱毛

私が脱毛を行うときはレーザー脱毛を使っています。

レーザー光線で、毛と毛母細胞を焼いて、脱毛する方法。レーザーなので、簡単に毛を抜いてくれるイメージがあるのですが、かなりの痛みを感じます。

抜く前に冷やすと痛みを和らげることができるといいますが、場所によっては冷やすだけでは我慢できないところもある。そのために、私は麻酔クリームのエムラクリームを使います。

このクリームなら、痛みを感じることなく、すこやかに脱毛を行えます。

レーザー脱毛のメリットとしては、一度に広範囲を脱毛することができること。なおかつ、何度も繰り返すことで、徐々に毛が細くなるとのこと。

ただし、デメリットとして、肌が日焼けしている場合と毛が細い場合は脱毛効率がかなり下がると思います。なおかつ、脱毛のやり方を間違えると、炎症を起こし、その部分からニキビのように腫れることも・・・。
それから、電気脱毛であるニードル脱毛で永久脱毛を行う人がいます。
一つ一つ毛穴に針を挿入し、電気を流して毛根を破壊して脱毛する方法。

糖質、毛質を選ばないので、肌が弱い人、肌色が白くない人でも脱毛できる。確実に一本一本減らすことができるので、レーザー脱毛をして数本家が残った場合などにそれを処理するのに向いていると言われています。

あとは、乳輪などのもともと毛が少ない部分に適している。外陰部、まぶたなどのレーザー脱毛が当てにくい部分でも利用されています。

しかし、レーザーより痛みが強く、広範囲に処理すると、かなり時間が欠かなり、つらいという声を聞きます。

結局はレーザー脱毛もニードル脱毛も、一長一短という感じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加