エムラクリームよりキシロカインゼリーのほうが副作用が少ない?

確実に痛みを抑えるならエムラクリーム。副作用のことを考えるならキシロカインゼリー。
最初は、脱毛や皮膚ケア(ダーマローラ)の時に、痛みをどうにかして避けたいために、使い始めたのがエムラクリーム。

こんなものがあったのかと思うほど、驚かされるような効果を発揮してくれます。
クリームを塗るだけで、毛を抜いたり、針をさしても全く痛みを感じない。

ただし、これはあくまでも痛みを麻痺させる部分は考えるとよろしいのですが、副作用のことを考えると少し心配なところがあります。

私が使っているエムラクリームは成分にリドカイン25mgとプロピトカイン25mgが含まれています。この成分が影響し、皮膚に対し「適用部位紅斑」を発症する恐れがあります。

適用部位紅斑になると、皮膚の表面が赤く炎症したり、痒みに悩まされてしまとのこと。臨床試験による副作用の確率は約35%と、けっこう発症率が高い数字です。

なおかつ、それだけでなく、「吐き気、悪心 、目の充血」などの他の副作用も起こると言われているために注意。

今のところ私は特に副作用は感じていませんが、何時悩まされるような作用が起こるかわからないために、できるだけ使うときは用量を薄くして使っています。

もし、副作用のことを考えるなら、キシロカインゼリーの方がいいかもしれませんね。
基本的に、エムラクリームと成分は同じです。しかし、キシロカインゼリーの場合は、リドカインが約10mg、ブロビカイン10mgなので、約半分の成分になるために、副作用を抑えることができます。

ただし、効果も半分になります。

痛みを抑えるためにエムラクリームを使うか、副作用を抑えるためにキシロカインゼリーにするか、うまく使い分けることが重要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加