エムラクリームの効果は麻酔と同じで脳に痛みを伝えない

日本では、女性が脱毛をすることは当たり前ですが、最近では男性も脱毛をしてると聞きます。

個人的に、男らしさが薄れてしまうようなきがするのですが、時代の流れなので、まぁいたしかたない。

脱毛の仕方も色々で、一本一本毛抜を使いぬく人もいれば、専門のエステサロンに通う人もいます。

私が最初に考えたのがエステサロンで永久脱毛をおこなうこと。
しかし、どうしても金銭的に引っかかる部分が多い。

そんなことで、自分でやったほうが気楽で、お金の心配もないと思い、脱毛器を購入し使っています。
が、これがまた痛みとの戦い・・・。
たしかに、全身の脱毛は抜けるのですが、とくにVIOラインが耐えられないほどの激痛・・・

こんなにも痛いの?痛みを抑えてまで、脱毛しなくてはいけないの?
そんなことを思っていたんですが、たまたま見たネットのサイトで、麻酔クリームであるエムラクリームの紹介をしていたんです。

お~、これを使えば、「痛みを感じずに脱毛が楽にできる」と思い、現在利用しています。

 

エムラクリームの効果

どうしてエムラクリームを使うことで、痛みを回避できるのか?

エムラクリームには、リドカインという主要成分が含まれていますが、この成分は、手術などにも使われる麻痺を抑える作用があります。

手術をする時、何もせずにメスを入れると痛いどころではないほどの激痛が走り、とてもじゃないけど手術できない。

そこで、皮膚の表面だけに麻酔をするためにリドカインが使われます。

たとえば、脱毛をするとき、毛抜を使い抜くと、どうしてもチクチクするような痛みのシグナルを感じる。
この時のシグナルは、神経を伝わり脳に到達することで「痛いっ」と判断します。

リドカインは、神経に対する反応を遮断する効果があり、脳に対する電気信号をOFFにするため、痛みを感じなくなります。

私は、脱毛や肌ケアのためにエムラクリームを使っていますが、他にもリドカインが含まれている注射剤や液体製剤、ゼリー製剤、点眼薬もあるとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加