家庭用脱毛器の使い方「使う前には処理部分の毛を剃っておく」

女性なら一度は考えたことがあるはず。それが家庭用脱毛器です。たしかに美容クリニックの手を借りることもありますが、金銭的なことがあるために、家庭用脱毛器を購入するという方法もあります。

最も効果的な家庭用脱毛器の使い方をご存知ですか?
脱毛効果を高めるためには処理部分の毛を剃っておくのが良いとされていますが、どうして必要なのでしょうか?
正しい家庭用脱毛器の使い方を知り、ムダ毛の悩みを解消していきましょう。

最近では、自分で簡単に脱毛ができるさまざまなタイプの家庭用脱毛器が販売されています。

現在では家庭用レーザー脱毛器や光脱毛器が主流になっていますが、正しい使い方を知っておく必要があります。

レーザーを照射する方法の脱毛器は正しく使用しなければ火傷を生じさせるかもしれず、皮膚にトラブルを引き起こしてしまいます。

また、レーザー脱毛器は使っているうちにだんだんと毛が薄くなる効果が期待できますが、正しく使わないなら脱毛効果は得られないでしょう。

脱毛効果を高める家庭用脱毛器の正しい使い方のポイントは、脱毛前に処理部分の毛を剃ることと正しく照射することです。痛みが多少あるために、エムラクリームを使う方もいます。

レーザー脱毛の仕組みは、レーザーが黒い毛の色に反応して毛乳頭にダメージを与え脱毛するというものです。

もしこの時に毛がのびているなら、皮膚から出ている毛にもレーザーが反応し、光が分散されてしまいます。

そのため、本来ダメージを与えたい毛乳頭までレーザーが届きにくくなってしまいます。

脱毛効果を高めるために、脱毛の数日前に処理したい部分の毛を剃っておくのが良いようです。

ほんの少し毛が出ている程度の状態で照射すると、レーザーの熱が毛乳頭に集中して届くため脱毛効果が得られるでしょう。これほど理想的な使い方はいなずですね。

カミソリを使用する時は毛の流れに沿って剃るなら、皮膚は傷付きにくくなります。

濃い毛が生えている部分は特に気になるのでしっかり脱毛したいと思いますが、同じ部分に続けて照射するのは逆効果になることがあります。

レーザーの熱によって皮膚がダメージを受け火傷をするかもしれません。

見た目にはすぐに確認できなくても、照射された部分の毛乳頭はすでにダメージを受けています。

その毛穴から生えてくる毛は次第に薄くなってくることでしょう。

家庭用脱毛器の説明書にある指示に従い、照射時間を守ってください。

脱毛後は毛穴に炎症が起こり赤いポツポツができやすくなるので、保冷剤などで処理した部分を冷やすようにし、炎症を鎮めるケアを忘れずに行いましょう。

家庭用脱毛器を正しく使うかどうかは効果の表れ方に差が出るので大切ですね。

肌をトラブルから守るためにも正しい使用方法を守っていきましょう。そうすることで、理想的な足や手、陰部につながるはずですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加